愛ピのエルヴィス・プレスリー コレクション
愛ピのエルヴィス・プレスリー コレクションエルヴィス・プレスリーの今週ノおススめエルヴィス・プレスリー全仕事エルヴィス全曲名エルヴィス全アルバムエルヴィスSongBookエルビス映画エルヴィス/電脳シアターエルヴィス/エッセイエルヴィス/写真館エルヴィス/WHO'S WHOELVIS Kidsミュージカル「エルヴィス・ストーリー」

キーワード:

メルマガ『死ぬまでに聴きたいエルヴィス100曲』受付中!
メルマガ『死ぬまでに聴きたいエルヴィス100曲』受付中! 
エルヴィスがいた。 
エルヴィス・プレスリー ニュース(愛ピのエルヴィス・プレスリー コレクション)
エルヴィス・ニュース エルヴィス・ニュース
ロックンロール・ビッグバン
 
エルヴィス・ニュースエルヴィスを聴きながらワイワイ飲んで食べる会
エルヴィスと時々、複数のロッカーたち。
エルヴィスと時々、複数のロッカーたち。
死ぬまでに聴きたいエルヴィス・プレスリ−100曲
エルヴィス  キングなおススめ
エルヴィス  キングなおススめ
エルヴィス・プレスリー全仕事
エルヴィス・プレスリー全アルバムデータ
エルヴィス・プレスリー全シングルデータ
エルヴィス・プレスリー全楽曲データ
エルヴィス・プレスリー ソングブック
エルビス・プレスリー映画大研究
エルヴィス・プレスリー電脳シアター
エルヴィスと時々、複数のロッカーたち。
エルヴィス・プレスリーWHO'S WHO
エルヴィス・ハートブレイクな書き場
エルヴィス・プレスリーのフォトギャラリー
ミュージカル「エルヴィス・ストーリー」
Elvis Kids
エルヴィス・プレスリーのリンク集
ロックンロール・ザ・100
キレイなゲンキ専門店 ゲンキポリタン
 
 
 
「エルヴィスは神と王様にされた。どちらでもなかった。
彼はもっとアメリカ的な何かであり、僕が思うには、もっと英雄的な何かだった。
エルヴィス・プレスリーは夢と幻想の新しい広大な風景に挑んだ探検家だった。
彼は自分の夢の最高のものが実現しないと言われることを拒み、他の誰の概念にも定義されることを拒んだ男だった。
これは民主主義の目的地であり、あらゆる将来のアメリカの英雄が出発する旅の目的地だ。
エルヴィスがその旅の大半を彼ひとりでやり遂げたことは、僕らの中で最も勇敢な人のために取ってある栄誉と愛情と共に彼を記憶しておくのに充分な理由だ。」
ディブ・マーシュ(音楽評論家)


エルヴィス・対話する歌

エルヴィスを聴きながら、 僕はピエロから 星の王子さまに 変身しょうと決心した
感動!エルビス・ウィークエルビスの背中について行った『ラスベガス万才』
ミュージカル「エルヴィス・ストーリー」なにか、ヘンだぞ?キングの一大事?
エルヴィス・プレスリーに「アサーティブ」を聴く
エルヴィス写真満載エルビス・プレスリーがお店にやってきた!
エルヴィス・フェア京都エルヴィス・フェア東京エルヴィスの薬物疑惑
エルビス・イン・ハードロックカフェ
エルヴィスが町にやって来た
PONTA姐のエルヴィス遭遇記ELVISアートELVIS 30 #1 Hitsパンフ
エルヴィスってどんな人エルヴィスの写真集エルヴィスがトップだった!
ピエロ的エルヴィス考ポール・ウィリアムズのエルヴィス考
エルビス・プレスリーのレコーディング・セッション全記録没後30周年イベント
プレスリー価値あり24th命日記念アルバムエルヴィスのシングル盤全リスト
プレスリーのチャリティ・シングル/ エルヴィス衝撃の美人ナースとの恋!
エルヴィス除隊後第一作!G.I.ブルース エルヴィス体育館占領!ラスベガス万才
WHO'S WHO エルヴィス・プレスリー(エルビス・プレスリー)

エルヴィス・プレスリー自筆サイン

エルヴィス・プレスリー

ELVIS PRESLEY

「THE KING OF ROCN'B ROLL(ザ・キング・オブ・ロックンロール)」
エルヴィス・プレスリーの生い立ち
「カントリー&ウエスタン、ブルース、R&B、ロックンロール」 と人種隔離
サム・フィリップスとサン・レコード
ブレイクしたエルヴィス・プレスリー(SONG HITSの表紙を飾ったエルヴィス・プレスリー)
RCAレコードとエルヴィス
エルヴィスとドーナツ盤
エルヴィスのスタイル
映画とエルヴィス
エルヴィス・プレスリーの軍歴
グレイスランド
プリシラ・アン・ボーリュー
エルヴィス・プレスリー

U2のボノは組織のトップに会うとき「エルヴィスは誰ですか?」と訊ねる。

「THE KING OF ROCN'B ROLL(ザ・キング・オブ・ロックンロール)」

エルヴィス・プレスリー自身は、その人柄から、そう呼ばれることを好まなかったと伝えられているが、その名の通り、ロックンロールを音楽として世界に広めるだけでなく、人種の壁を打ち壊した人物として知られている。

世界の大衆音楽のみならず世界の文化を変え、人類の思想にまで多大な影響を及ぼしたカリスマである。

1954年、アメリカの地方でデビューしたエルヴィスは、その個性と才能を認められ、1956年テレビに初出演をする。
激しい人種差別が平然と行われていたアメリカ社会に衝撃が走った。

白人でありながら黒人のようなパファーマンス、ファッションセンス。
・・・真似ているのならジョークで終わった。ところがそうはいかなかった。

エルヴィス21才、彼はオリジナルだった。

エルヴィス・プレスリーの音楽と存在は大人たちを震撼させた。

つまりロックンロールが世界的に市民権を持う上でロックンロールとエルヴィスは切り離して考えることはできないが、ロックンロールがなくてもエルヴィス・プレスリーの存在そのものが社会的に深い意味を持っていた。

エルヴィス・プレスリーの多彩なギネス記録が、それを証明している。

レコード売上記録30億枚以上は世界一。
CD/レコードの総売上は正確な数を把握できていないが、1977年に「6億枚以上」、死後数ヶ月間だけで「2億枚」、1985年に「10億枚以上」という推定数字が発表されている。現在は30億枚と言われ、世界NO.1といわれている。


最も成功したソロ・アーティスト/エルヴィス・プレスリー
全米ナンバー1シングル19曲(全英18曲)
グループでは全米ナンバー1シングル数はビートルズの20曲(全英17曲)に対し19曲(全英18曲)だが、ナンバーワン滞在時間ではソロ、グリープ合わせてビートルズの59週を大きく上回る80週で最長。

最も長時間ナンバー1にエントリーさせたアーティスト/ エルヴィス・プレスリー80週
全米ナンバー1シングル数はビートルズの20曲(全英17曲)に対し19曲(全英18曲)だが、ナンバーワン滞在時間ではビートルズの59週を大きく上回る80週で最長。

最多ヒットシングル記録(151回)(全英100曲)

全米ナンバー1アルバム9作(全英6作)全米トップ10では25作、トップ20は38作、トップ100は74作

最多ヒットシングル記録(151回)(全英100曲)

ナンバー1最長保持曲/11週「冷たくしないで」
エルヴィス・プレスリーの「冷たくしないで」11週がトップ。

一日に売れたレコード枚数の最高(死の翌日)、2000万枚以上がギネスによって認定されている。
エルヴィスが他界した翌日の1977年8月17日に売れた枚数は2000万枚以上に達した。
1人のアーティストの1日の販売記録としては最多。

死後の印材
米経済誌フォーブスは、2005年10月27日に、2004年10月から1年間の故エルヴィス・プレスリーの印税等の収入は4500万ドル(約51億9000万円)であったと発表した。

最も訪問される墓/エルヴィス・プレスリー(グレイスランド)
エルヴィス・プレスリーが住んでいた邸宅「グレイスランド」の庭にある墓には、毎年世界から70万人を超える人が訪れる。1995年は753965人が訪れ最高記録となっている。

最もファンクラブの多いアーティスト/エルヴィス・プレスリー
現在活動中のものだけで世界に480のファンクラブがあり、音楽業界では最多。サウンドトラックとして収録された「GIブルース」「アカプルコの海」などで外国語(ドイツ語・メキシコ語)の録音が一部あるが、米国以外のコンサートはカナダだけという事実からすれば驚異的だ



エルヴィスは故人長者番付で2005年まで5年連続でトップを維持し、今なお伝説的な存在であり、カリスマの偉業をいまも証明している。
尚、2006年10月25日発表の故人長者番付では、カート・コバーンに抜かれ2位になったもののおそらく今年はトップに返り咲くだろう。

エルヴィス・プレスリーはロックンロールの思想の礎を築いた正真正銘のカリスマであり、スーパースターであって、いまもその地位は揺らがない。

エルヴィス・プレスリーの多彩なギネス記録が生まれる背景には、エルヴィス・プレスリーの生と死が息づいていて、時に愉しく時に悲しい。

エルヴィス・プレスリーの人生は、肯定的な中に、いくつものギリギリの偶然が宿命的に重なっている。
晩年はその偶然によって仕組まれた構造が一気に崩れ落ちる悲劇でもあったが、ほとんどの人は、いかにしてその構造が作られ、それがひとりの人間に対してどのような意味を持ったのかについて理解していない。

もし正しく理解すればするほど人間には避けがたいことがあると知ることによって、自分の人生を肯定的なまなざしでとらえることができるだとう。
そして絶対的な肯定の中にも悲劇は存在することを知る。つまり絶対的な否定の中にも幸福は存在するということでもある。

エルヴィス・プレスリーのファンに関する新聞記事 エルヴィス・プレスリーのルイジアナヘイライドコンサートのポスター

エルヴィス・プレスリー トップに戻る


エルヴィス・プレスリーの生い立ち

エルヴィス・プレスリーは父はヴァーノン・エルヴィス・プレスリー、母グラディス・ラヴ・スミス・プレスリーを両親に、1935年1月8日午前4時35分、ミシシッピ州イースト・テュペロの小さな家で生まれた。(ショットガン・ハウスと呼ばれる家はいまも保存されている)

双子の兄ジェシー・ガーロン・プレスリーがいたが死産だった。
すべてはそこから始まる運命的な誕生だった。


エルヴィスはイースト・テュペロで幼年期を過ごす。
生活苦から父親が詐欺罪で留置所に入ることがあり、エルヴィスの気持を傷つけた。
母グラディスは死産への罪悪感、生活への不安、孤独感からひとり子となったエルヴィスを溺愛した。

すでにエルヴィスはそんな両親を将来自分の力によって楽にさせたいと考えていたという。

エルヴィスは1946年1月8日、11歳の誕生日にイースト・テュペロの雑貨店(現存)で母親から買ってもらったギターで熱心に遊んだ。

1947年12歳のエルヴィスは黒人居住区の白人住宅に転居する。黒人の暮らしと音楽が身近にあった。

生活保護を受けなければならない貧しさのなかで、愛されながらも、幼少の頃から自分を抑圧する習性が身についてしまったと考えられる。
このアンバランスがエルヴィスの人格形成に大きな影響を与えた。

1948年11月6日、13才の時に一家は新天地を求めてテネシー州メンフィスに引っ越しをする、
1949年に一家はメンフィス市内のロウダーデール・コート公営住宅に転居する。

ブルースで有名な盛り場ビール・ストリート、エリス・オーディトリウム、サン・スタジオといったメンフィス・ミュージックや文化的な影響を受けた施設から1マイル程度の距離であった。
エルヴィスはロウダーデール・コートの地下洗濯部屋でギターの練習をした。
彼はそこに住むミュージシャン達と演奏を行った。

1953年6月3日にエルヴィスはヒュームズ・ハイスクール卒業、その7
月1日からW・Bパーカー機械製作所で働き、7月18日に自費でレコードを作る。その2ヶ月後び転職。
翌1954年4月、19歳になってクラウン・エレクトリック社のトラック運転手となる。7月5日サンスタジオにて<ザッツ・オールライト>を録音。7月8日メンフィスのラジオ局で話題になる。

高校を卒業後、最初のパーソナルレコード制作から1年だった。

真偽は定かでないと思うが、スコットランド人作家アラン・モリソンによると、エルヴィス・プレスリーの血筋はユダヤ人の血を継承したスコットランド系であったと主張している。
アラン・モリソンはその著書でエルヴィスの先祖であるアンドリュー・プレスリーが1713年にロンメイでエルスペス・レッグと結婚していて、その息子アンドリューが1745年にイギリスの植民地に移住した記録があるとしている。

エルヴィス・プレスリー トップに戻る

エルヴィス・プレスリー、父バーノン・プレスリー&母グラディス・プレスリー


「カントリー&ウエスタン、ブルース、R&B、ロックンロール」
  と人種隔離


ブルースは黒人によって、黒人音楽と白人社会の音楽であったカントリーミュージックが融合されたものだ。
ブルースがブルースである最大の所以はブルー(憂鬱)なハ−トで歌われる点にある。
リズム&ブルースはブルースにリズムが加わったもので、ロックンロールは白人のリズム&ブルースである。

1950年代のアメリカでは音楽さえも人種隔離的な扱いを受けていて、ラジオ局も白人専用、黒人専用に分れていた。
当時のロックンロールのナンバーには、黒人の曲を白人がカバーし、そのカバー盤が白人専用ラジオ局を通して放送されたものも多くあった。
レコードのセールス記録によってヒットチャートに掲載されるのはいまも当時も同じだが、同じ楽曲でも黒人が歌えばリズム・アンド・ブルースのチャートに、白人が歌えばカントリー・アンド・ウェスタンにチャートに分類されることが一般的だった。

エルヴィスのデビュー盤<ザッツ・オールライト><ブルームーン・オブ・ケンタッキー>はいずれも原曲はカントリー・アンド・ウェスタンであり、カントリー・アンド・ウェスタン部門にチャートされるものだが、フィーリングは黒人的であった。

さて、黒人的フィーリングといっても、原曲はカントリー・アンド・ウェスタンであり、エルヴィスは黒人の歌い方をしているわけでもない、しかしもっと明白に白人的ではない。
ではどこが黒人的なのか?
ひとつには白人にはない力のある声、しかもエルヴィスの声は甘さを含んでソフトで、ゴージャスでメリハリのある声が特長的だ。
そしてもうひとつ、ハート・・・ブルーなハートである。

これら唯一無二とも言えるエルヴィスの特長によって、黒人のように歌える白人歌手としてエルヴィスはサンレコードの白人オーナー、サム・フィリップスに発掘された。

間違ってはいけない点がある。
黒人のように歌える歌手と、黒人のように歌える白人歌手とは同じ意味ではない。

サム・フィリップスはサンレコードで黒人のレコードを世に出しながら、もし黒人のように歌える白人歌手がいたらきっと売れる、儲かると考えていた。
リズムやメロディだけを使い、心はまんま白人・・・パット・ブーンが歌った<トゥッティ・フルッティ>について黒人ミュージシャン、リトル・リチャードが怒りを隠さなかったのは、人間としての尊厳を無視したからに他ならない。
サム・フィリップスにはそんなレコードを出すつもりはなかった。

エルヴィスが多くの大物ミュージシャンから尊敬されているのには、ブルース、リズム&ブルース、ゴスペル、カントリーなど古くから伝わってきたアメリカン音楽への造詣が深く、その愛情に感銘するからである。

エルヴィス・プレスリー トップに戻る

エルヴィス・プレスリーのデビュー盤を制作したサンレコード(サンセッション参照)

サム・フィリップスとサン・レコード

サム・フィリップスは、エルヴィスのある才能に驚いていた。
その才能とはラジオで聴いた曲をすぐに覚えてしまうことと、その数の多さである。
その特異な才能はレコードを買うことができなかったエルヴィスの音楽への愛と集中力によって自然に培われたものだったのだろう。


1953年の夏にエルヴィスはサン・スタジオで4ドルを支払い自分のレコードアセテート盤を制作した。
エルヴィスはその理由を母親への誕生日プレゼントとしてアセテート盤を作りたかったと語った。
しかし、母グラディス・プレスリーの誕生日は4月、録音は7月に行われており、これは事実ではなく、エルヴィスの照れ隠しと観ることができる。

収録曲は当時のポピュラーなバラードMy Happiness<That's When Your Heartaches Begin>であった。

サン・レコードの創業者サム・フィリップスとアシスタントのマリオン・ケイスカーはその録音を聞きエルヴィスの才能を感じた。この三人の出会いがなければエルヴィス・プレスリーの才能と世界の音楽、文化、思想はどうなっていたか分らない。
マリオン・ケイスカーがフックを感じたことから、バラードのうまい成年とメモしていた。このメモがサム・フィリップスにエルヴィスの存在を伝えることを可能にした。

1954年6月にサム・フィリップスはエルヴィスを呼びよせる。
セッションのためにサムは地元のミュージシャン、スコッティ・ムーア、ビル・ブラックを集めてセッションを行う。
思うような結果を出せない日が過ぎていく。

1954年7月5日のセッション休憩中にエルヴィスは<That's All Right, Mama>をおふざけ半分で演奏、それを聴いたサムはエルヴィスがインスピレーションを得たと感じて録音ボタンを押した。サムはついに発明したと感動した。
リハーサル中のしかも即興演奏だったので、ドラムスが不在だったがベースをかき鳴らしてカバーした。

続いて、その余韻のさめない内に<Blue Moon Of Kentucky >が歌われた。

ドアが開き、サムが飛び出してくる。「おい!凄いぞ!いままでのサウンドと全く違う!それはポップ・ソングだ!」ニューミュージック誕生の瞬間だった。(この様子は「コンプリート・サンセッションズ」で聴くことができる。)

セッションが終わったときスコッティ・ムーアは、人種問題の火種になることを懸念して「やれやれ、これで俺たちは町にいられなくなる」と呟いたという。

二日後の7月7日、サムは「That's All Right /Blue Moon Of Kentucky」のシングル・アセテート盤を持ってラジオ局を回った。両面とも他に類を見ない斬新なものだった。

その夜9時30分頃、WHBQラジオで放送された。
その日エルヴィスは自分の歌がラジオから流れることの、恥ずかしさから映画館に逃げ込んでいた。
結局5000本のリクエスト電話が殺到した。ラジオを聴いた人たちは最初黒人歌手だと勘違いしていた。

それが白人であると分るにつれ、衝撃はさらに拡大した。
”That's All Right, Mama"の”De de de de de,de de de de de”というフレーズはメンフィスの若者に真似され、ローカル・ヒットとなったのだ。

いまもメンフィスのサンレコードの看板には「ロックンロールの発祥の場所」と書かれている。

ラジオを聴いた人たちは黒人歌手だと勘違いしていたが、エルヴィスとその仲間が、ライブツアーすることで、エルヴィスの評判をテネシー州一帯に広げることとなった。


サンレコードとの契約下でエルヴィスは5枚のシングルをリリースした。

● That's All Right / Blue Moon Of Kentucky
 Sun 209, 1954年7月19日
● Good Rockin' Tonight / I Don't Care if the Sun Don't Shine
 Sun 210, 1954年9月25日
● Milkcow Blues Boogie / You're A Heartbreaker
 Sun 215, 1954年12月28日
● Baby Let's Play House / I'm Left, You're Right, She's Gone
 Sun 217, 1955年4月10日
● Mystery Train / I Forgot To Remember To Forget
 Sun 223, 1955年8月6日

サム・フィリップスの手によってサンからリリースされたものは。リズム・アンド・ブルースまたはカントリー・アンド・ウェスタンのヒット曲をカバーしたものであってが、いずれも若々しさのなかに独特の情念が匂うエネルギッシュなパフォーマンスであった。

レーベルには「エルヴィス・プレスリー、スコッティー・アンド・ビル」とクレジットされた。

10曲の中で最短の曲は1.55"、最長のもので2.38"であったが、これが世のいうドーナツ盤の普及、サブカルチャー創造の原動力になった。

サム・フィリップスは後年、エルヴィスにしてやれたことで一番価値のあることは、Mystery Trainを世に出したことだと語っている。

<Mystery Train>は、エルヴィスの屋敷「グレイスランド」を舞台にしたジム・ジャームッシュ監督映画のタイトルに使われている。
サム・フィリップスはサンレコード経営のために金の卵をメジャーレーベルRCAに売り渡す選択をする。後日談として「後悔はしていない」

1955年8月18日にエルヴィスの両親はトム・パーカー大佐とのマネジャー契約を交わすために契約書に署名する。

エルヴィス・プレスリー トップに戻る

RCA  ニッパー君
(ニッパー君勢揃い?)

RCAレコードとエルヴィス

エルヴィスは1955年11月21日にRCAレコードと契約した。
1956年1月27日に通算6枚目となる RCAでの第1作シングル<Heartbreak Hotel / I Was the One>がリリースされた。
続いて1956年1月28日。エルヴィスは「CBS-TVトミー・ドーシー・ステージ・ショウ」でTV初出演。ここでHound Dogを歌い、白人らしからぬパフォーマンスを披露したが、アメリカ中が騒然となる。

PTA、宗教団体からテレビ局への猛抗議とエルヴィスへの激しい非難が起こった。

しかし、一方では若者たちは、これこそが自分達の音楽だと感じて、エルヴィスにエールを送った。瞬く間に若者たちはエルヴィス・ファンになっていった。

<Heartbreak Hotel> は1956年2月22日、エルヴィスの歌が初めてチャートに初登場、4月21日にはチャート1位に達した。 以後8週間連続ナンバーワン。

それを皮切りに、全米ヒットチャート・ナンバー1の座は、1956年、19567の2年間、その1年分に該当する51週がエルヴィスの歌によって占領されたのだ。音楽史上空前絶後の偉業が達成されたのである。

1
Hound Dog(A/1956.8.18〜全米10週連続No.1)
2
Loving You(B/1957.7カントリーチャートNo.1)
3
All Shook Up(A/1957.4.13〜全米7週連続No.1)
4
Heartbreak Hotel(A/1956.4.21〜全米8週連続No.1)
5
Jailhouse Rock(A/57.10.11〜全米6週連続No.1)
6
Love Me(A/57.1.5〜全米2週連続2位)
7
Too Much(A/57.2.9〜全米3週連続No.1)
8
Don't Be Cruel(B/56.8.10〜全米11週連続トップ、1000万枚セールス)
9
That's When Your Heartaches Begin(B/57.4.27〜全米58位)
10
Teddy Bear, (Let Me Be Your)(A/57.7.8〜全米7週連続No.1)
11
Love Me Tender(A/56.11.3〜全米5週連続No.1)
12
Treat Me Nice(B/57.10.28〜全米18位)
13
Anyway You Want Me (That's How I Will Be)(B/56.10.28〜全米18位)
14
. I Want You, I Need You, I Love You(A/1956.7.28全米No.1)
  上記の楽曲はエルヴィス・ゴールデンレコード第1集に収録されたもの(Billboard誌に準拠)
ほとんどの曲がトップを降りても半年間チャートインする状態であった。
以後、エルヴィスが1977年に死去するまでの21年間に、146曲が100位以内に、112曲が40位以内に、72曲が20位以内に、40曲が10位以内にチャートインした。

エルヴィスは映画契約を優先する活動を強いられるようになる。

1962年4月21日から2週連続でNo.1を獲得した<Good Luck Charm>を最後に、ヒットチャートNo.1から遠ざかることになる。それでもシングル、アルバムでミリオンセラーは連発していた。

しかし、すべての映画契約が完了したのを契機にステージに復活、1969年11月1日、<サスピシャス・マインド>がNo.1を獲得する。(Billboard誌に準拠)

ラスベガスのステージに出演する一方、新境地In The Getto、エルヴィスらしさに満ちたBurning LoveがNo.1を獲得する。(CashBox, Record Worldに準拠)

エルヴィス・プレスリー トップに戻る

エルヴィス・プレスリー RCAレコードのプレスリリース
エルヴィス・プレスリーが契約したRCAレコード
(エルヴィス・プレスリー RCAレコードのプレスリリース)

エルヴィスとドーナツ盤

デビューシングル<Heartbreak Hotel / I Was the One>の大ヒットに続き、リリースした最初のアルバム「エルヴィス・プレスリー登場」は、ファンのニーズに応えて全曲シングルカットしてドーナツ盤としてリリースされた。

サンレコード時代の5枚のシングルもRCAから再販された。
どのレコードも売れに売れ、RCAではプレスが追いつかず、R他社の工場を借りて生産する羽目になった。

エルヴィスが登場して、シングル盤がレコード業界の中心的存在になったのは、ティーンエージャーがお金を持っていなかったからだ。

エルヴィス・プレスリー登場以後、シングル盤は若者をターゲットにして、音楽業界の中心的存在になる。
これによって「ポップス」というマーケットは拡大することになる。

トム・パーカー大佐のした功罪はいろいろあるが、そのひとつの好ましい事例は、レコードの売り方がある。

同じものを2つ買うのはファンにとって気の毒であるという理由から、シングル盤でリリースする曲はアルバムには収録しない主義が原則遵守された。

ただ、マーケティングの事情や曲数の都合から、サウンドトラックからはメイン曲を2曲シングルカットされ、それらは大ヒットしチャートインした。
その2曲を含んでアルバムを製作。曲数によって映画に関係のない曲をボーナスソングとして挿入した。

正真正銘のベスト盤の価値を持ったゴールデンレコードが5枚リリースされたが、それらは原則シングル盤のみでリリースされたものから生まれたものである。

エルヴィス・プレスリー トップに戻る

録音中のエルヴィス・プレスリー 録音中のエルヴィス・プレスリー
(レコーディン中のエルヴィス・プレスリー。靴を脱いで全身全霊で集中する)

エルヴィスのスタイル

エルヴィスの時代と比較して現在の録音技術の進化は著しいが、録音スタイルも変化している。
現在ではいくつかのテイクからよいところをつなぎ合わせて、一つの曲として発表するスタイルや曲の別録りが大半である。
エルヴィスもこのスタイルを選択することが出来たが、エルヴィスはこのスタイルを最後まで嫌った。

エルヴィスが最後までこだわったレコーディング・スタイルは「一発録り」といわれる1テイクタイプだった。
つまりライブと同じスタイルである。

それは歌はハートだとするエルヴィスの信念であり、原点であり、聴くものと歌うものとの間にあるエルヴィスならではの約束である。

レコーディング場所は、1950年代はニューヨークにあるRCAスタジオを利用した事があった。
1956年物議をかもした<Hound Dog>の録音は、ニューヨークにあるRCAスタジオで行われたが、スタッフが根をあげるほどのテイクを録り、執念を見せた。

60年代にはテネシー州ナッシュヴィルのRCAスタジオBがもっとも使用された。
スマッシュヒットとなった名曲<悲しき悪魔>のように1テイクで決めた超人技を筆頭にここでは数多くの名作を創造した。

1972年以降はハリウッドにあるRCAスタジオや地元メンフィスのスタジオを利用した。

1976年になると体調不良とレコーディングへの意欲が低下、RCAスタッフがグレイスランド(エルヴィスの自宅)のジャングルルーム(リビングルーム)に機材を持ち込み、レコーディングを行う状態になった。

エルヴィス・プレスリー トップに戻る

映画とエルヴィス エルヴィス フィルムズ・コレクターズ・ボックス Vol.2 (5枚組)

エルヴィスは高校時代に映画館でアルバイトをしていたが、エルヴィス の憧れはジェイムス・ディーン、トニー・カーティスであり、エルヴィスはトニー・カーティスを真似て髪を黒く染めていた。

もともとエルヴィスは歌手より映画俳優になりたかったようだ。

当時の社会事情からして、父親であるヴァーノンが歌手では一生飯が食えないので、エルヴィスに歌手を勧めなかったといわれている。フランク・シナトラ、ビング・クロスビーも映画には積極的だった。

エルヴィスも状況は分っていて、父ヴァーノンの考えには同調していたようだ。

有名になってヒットチャートに次々にヒット曲を送り込むにつれ、映画会社は放っておかなかった。
数社から出演の依頼があったが、なかでも大物辣腕プロデューサー、ハル・B・ウォリスは長期契約で臨んだ。

ハリウッドを代表する名優たちとの共演も計画されたが、マネジャー、パーカー大佐はエルヴィスが主役でない映画を拒絶した。
ハル・B・ウォリスは俳優でも、これまでの歌手でもない観たことのないタイプのスター、エルヴィスをどう扱えばいいのか決断できず、20世紀FOXに貸し出す決断をする。
20世紀FOでの初出演映画は「Rino Brothers」(後で「Love Me Tender」に改題)になった。

当時ロックンロールは市民権を得るだけのキャリアを持たず、すぐに人気は衰えると予測していた。
エルヴィスは俳優になりたかったので、本格的な俳優へのステップを臨んでいたことから映画のなかで歌うことには関心をもっていなかった。

しかし、パーカー大佐もプロデューサーも観客を集めるにはエルヴィスの歌は必要だった。
タイトルも挿入歌から引用され「Love Me Tender」に変更された、
モノクロ、シネマスコープの低予算ウェスタンだったが、映画は大ヒットし、同年公開映画の年間収益第2位にランキングされた。
1位はエリザベス・テーラーと共演したジェームス・ディーンの遺作、超大作「ジャイアンツ」だった。
エルヴィス初出演の「Love Me Tender」の興行的成功はメガトン級であったことが頷ける、

このスタイルはエルヴィス主演映画の基礎となり、「屈折した怒れる若者」+「歌」の組み合わせで陸軍入隊前までに合計4本製作された。
そしてサウンドトラックからシングルカットしたものはチャートインし、アルバムはミリオンセラーになった。

1960年に陸軍除隊後、パーカー大佐は映画会社数社と長期契約を結んだため、活動の拠点がハリウッドに移った。
1969年まで1年に3本のペースで27本もの映画の製作が行われ、G.I. Blues」「Blue Hawaii」「Viva LasVegas等印象深い作品を残した。

エルヴィスは映画界においても、マネーメーカーとして上位にランキングされ続けたが、その映画は低予算で制作され、エルヴィス人気で高い収益をあげる仕組みだった。
同時にサウンドトラック・アルバムが制作され、シングルカットされた曲はチャートにランキングされるという一石二鳥の金儲け主義が巧妙に仕組まれ成功した。

まさにエルヴィスは金のなる木であり、良い意味でも悪い意味でも「アメリカ」の象徴的な存在であったことが発見できる。

その一方でエルヴィスが夢みた映画俳優として取り組んだ作品といえるものは数少ない。


すでに映画への意欲も失い、エルヴィスの気持は音楽界への復帰(NBC TV Special ELVIS)に向かっていた頃、残った契約の消化を急いでいた時にエルヴィスが望んだ歌なしの映画「Charro(殺し屋の烙印)」が制作された。(1969年公開)
エルヴィスは俳優として役作りから、あごひげまではやして取り組んだが、エルヴィスの主演映画への世間の関心度も低く、脚本も不出来であったことから映画自体は振るわなかった。

1
やさしく愛してLove Me Tender(1956年)
2
さまよう青春(Loving You(1957年)
3
監獄ロック(Jailhouse Rock)(1957年)
4
闇に響く声(King Creole)(1958年)
5
G・I・ブルース(GI Blues)(1960年)
6
燃える平原児(Flaming Star)(1960年)
7
嵐の季節(Wild in the Country)(1961年)
8
ブルー・ハワイ(Blue Hawaii)(1961年)
9
夢の渚(Follow That Dream)(1962年)
10
恋のKOパンチ(Kid Galahad)(1962年)
11
ガール!ガール!ガール(Girls! Girls! Girls!)」(1962年)
12
ヤング・ヤング・パレード(It Happened at the World's Fair)」(1963年)
13
アカプルコの海(Fun in Acapulco)(1963年)
14
キッスン・カズン(Kissin' Cousins)(1963年)
 15
ラスベガス万才(Viva Las Vegas)(1964年)
16
青春カーニバル (Roustabout)(1964年)
17
フロリダ万才(Girl Happy)(1965年)
18
いかすぜ!この恋(Tickle Me)(1965年)
19
ハレム万才(Harum Scarum)(1965年)
20
フランキーandジョニー(Frankie and Johnny)(1966年)
21
ハワイアン・パラダイス(Paradise, Hawaiian Style)」(1966年)
22
カリフォルニア万才(Spinout)(1966年)
23
ゴー!ゴー!ゴー!(Easy Come, Easy Go)(1967年)
24
ダブル・トラブル(Double Trouble)(1967年)
25
ブルー・マイアミ(Clambake)」(1967年)
26
ステイ・アウェイ・ジョー(Stay Away, Joe)(1968年)
27
スピードウェイ(Speedway)(1968年)
28
バギー万才(Live a Little, Love a Little)(1968年)
29
殺し屋の烙印(Charro!)(1969年)
30
トラブル・ウィズ・ガール(The Trouble with Girls)(1969年)
31
チェンジ・オブ・ハビット(Change of Habit)(1969年)
32
エルビス・オン・ステージ(Elvis: That's the Way It Is)(1970年)
33
エルビス・オン・ツアー(Elvis on Tour)(1972年)
34
This Is ELVIS(This Is ELVIS)(1977年)

エルヴィス・プレスリー主演「恋のKOパンチ」ロビーカード

(エルヴィス・プレスリー主演「恋のKOパンチ」ロビーカード)

演技の勉強はほとんど独学による努力だったが、「燃える平原児」や「恋のKOパンチ」などでは捨てがたい味の演技を披露した。こうして契約した映画出演をすべてこなしたが、エルヴィスが望むような作品に出会うことはなかった。

エルヴィス・プレスリーという特異なキャラクターの自然な結果だったのかも知れない。

エルヴィスが望むような作品を制作するには自費で制作するしかなかったかも知れない。
そのどれもがエルヴィス主演映画の「収益構造」ゆえの運命だったといえる。
映画製作者の立場に立てば、確実に見込める収益を度外視してあえて冒険をする理由がなかったのだ。

エルヴィスが望む映画は他の俳優でもできた。観客を劇場に集めるためにエルヴィスにしかできない映画を作りたかっただけなのだ。
ハル・B・ウォリスが最初に悩んだ問題はその問題ではなかっただろうか。
誰でもが悩む問題だが、それも 「エルヴィス・プレスリー」を絶対的に肯定した結果の悲劇である。

「ウェストサイド物語」や「スタア誕生」など、数少ないチャンスもあったが、パーカー大佐は出演料と絶対的主演を理由に断ったと伝えられている。

バーブラ・ストライザンドはジュディ・ガーランドが主演した往年の名作「A Star Is Born(スタア誕生)」のリメイクに主演、その共演をエルヴィスに申し入れるため、1974年8月19日、ラスヴェガスで公演中のエルヴィスを訪問した。
この申し入れを エルヴィスはかってないほどに乗り気だったと伝えられている。

多くのミュージシャンがハリウッド映画に主演、出演したが、エルヴィスが望む形で一応の成功をおさめたのはフランク・シナトラだけある。
そのような形の成功を本当にファンは望んだだろうか?
誤解を恐れずに自分の意見をいうなら「ノー」である。
シナトラは映画を必要とした時代に生き、「舞台」として必要とした。
エルヴィスも世界に見せる「装置」という点では映画が必要だったが、その立場は微妙に違う。
他の俳優にできることヲエルヴィスに求める理由はない。

映画とエルヴィス、ないものねだりは死者にムチ打つようで可哀想である。

人は誰もが、それぞれの、その時代に生きている。
時代を抜きにして語れないことがある。
エルヴィス映画を批評しても得ることはなにもない。
むしろエルヴィス映画を通じて「時代」や「その他もろもろ」を考えることのほうが意味がある。

その意味で、エルヴィス映画には脚本を超えて、語りかけてくるもっと雄大なものがある。
それを汲み取るのは、受け手側の責任であるように思う。

コンサート活動に復帰後、1970年8月のラスヴェガス公演、そのリハーサル風景を収録したドキュメンタリー映画「Elvis: That's the Way It Is(エルビス・オン・ステージ)」が公開された。

この作品はそのタイトル通り、本物のエルヴィスを世界に露出したことで世界的に大ヒットとなる。
日本でも劇場には長蛇の列ができた。その当時の風景はいまでも語りぐさになっている。
エルビス・オン・ステージ」この作品はいまも全国でリバイバル上映されている。

その後、1972年4月のコンサート・ツアーの模様を収めたドキュメンタリー映画「ELVIS On Tour(エルヴィス・オン・ツアー)」が製作され、やはりヒットする。

日本ではシネラマ公開されたことが、エルヴィスの生の迫力を伝えきれない思いが働いたことを物語っている。

エルヴィスが主演した映画は劇映画31本、ドキュメント映画2本、合計33本だった。

その中から、<Love Me Tender><Jailhouse Rock><Can't Help Falling In Love>< Viva Lasvegasなど数々のスタンダードナンバーが誕生した。


さらにエルヴィスの死後の1981年、生前の映像を中心に構成した彼のライフ・ストーリー的映画「This Is ELVIS」が公開された。 このドキュメント映画を含めると34本になる。

エルヴィス・プレスリー トップに戻る

エルヴィス・プレスリーの入隊と除隊

エルヴィス・プレスリーの軍歴

1957年、当時のアメリカ合衆国は徴兵制を施行していて、徴兵期間は2年間だった。
エルヴィスの入隊は、エルヴィスにもファンの大きな関心だったが、ロックンローラーとして人気絶頂期にあった1957年12月にメンフィス徴兵委員会から徴兵令嬢を受け取り、身体検査を受ける。

その結果エルヴィスはアメリカ陸軍への1958年1月20日付で出頭の徴兵通知を受ける。
しかしエルヴィスはパラマウント映画「闇に響く声」を1月13日から撮影予定であった。パラマウントは35万ドルの損失が生じるため、入隊延期を徴兵局に申し入れたが、徴兵局はエルヴィス本人による嘆願を要求した。
早速、翌日、エルヴィスは徴兵局へ出向き、個人的な都合でないことを主張、延期の嘆願をして、入隊は3月24日まで延期された。

エルヴィスは特例措置を受けることもできたが、規定通り3月24日に入隊する。
ファンは入隊反対のキャンペーンを展開。大騒動になり、その顛末はブロードウェイ・ミュージカル「バイバイ・バーディー」になり、さらに映画化された。映画化ではアン・マーグレットが主役に抜擢され、アン・マーグレットは「ラスベガス万才」でエルヴィス本人と共演する。

1958年3月24日入隊、9月22日には西ドイツに向け出発。一般の一兵士として勤務した。

エルヴィスの愛国精神は多くの米国民から賞賛されたが、その一方でこの徴兵に不満を持っていた者も少なくない。
当時は繁栄の陰に、第二次世界大戦の余韻も残っていて、原爆の脅威を感じながら、ソ連(ロシア)との冷戦に対して恐怖心を持つ人も少なくなかった。
「エルヴィスの徴兵は、国民の
思想・世論・意識・行動への誘導を目的とした政治的な宣伝であるプロパガンダだ」という意見もあった。

エルヴィスは軍在籍2年の間に、空手の黒帯を取得した。また扁桃腺炎を患ったが、ドクターはエルヴィスの声の変調を恐れて、扁桃腺の切除手術は行わなかったが、無事に回復した。
その結果は除隊後の爆発的大ヒットナンバー<It's Now or Never>で確認できる。

エルヴィスは軍曹まで昇進したが、1960年3月5日に満期によって除隊した。
兵役を無事完了させたことから、その愛国的態度が再評価された。

エルヴィス・プレスリー トップに戻る

エルヴィス・ウィーク1999

グレイスランド(Graceland)

エルヴィス・プレスリーは現在テネシー州メンフィスにあるグレイスランドに眠っている。

生涯エルヴィスは「グレイスランド」を自宅とした。
グレイスランドは、スターになったエルヴィスが1957年3月16日メンフィス郊外に母グラディスのために両親に贈った邸宅である。
また愛妻プリシラと暮らした愛の巣であり、最後の瞬間を迎えた場所であり、永遠の別れが執り行われた場所である。

グレイスランドといのは、グレイスという女性が住んでいた邸宅をエルヴィスが買い求めたことに由来する。


エルヴィスが亡くなった翌日には推定13万人がグレイスランドを取り囲んでいた。
200名の警官が群集の整理のために、120名の医療チームが暑さと悲哀、疲労で倒れる人々の手当てのために、グレイスランドに配備された。
葬儀にはジャクリーン・ケネディ元大統領夫人、ジョン・ウェインらアメリカを代表する顔ぶれが参列したが、人々は泊まるところもなく、アスファルトの路上で夜を明かした。
一時遺骨はメンフィスの墓地に納骨されたが、遺骨を奪おうとする事件が後を絶たず、現在はグレイスランド内に両親の墓とともに眠っている。


毎年命日である8月16日をメインに1週間エルヴィス・ウィークが開催されている。いろんなイベントが開催されるが、最大のイベントは16日夕刻から翌日にかけて行われるキャンドル・ライト・サービスだ。
5万人とも6万人とも言われる人々がメンフィスの白くキツい日差しが和らぐ夕方から翌朝まで毎年数万人の参列が続く。

 

またロックンロールの整地として、世界的に有名な多くのミュージシャンがエルヴィスへの愛と尊厳を持って現在も訪問している場所でもある。それに関して大物ミュージシャンの逸話も数多い。

映画「グレイスランド」「ミステリー・トレイン」はここを舞台にした映画である。
また、 サイモン&ガーファンクル のポール・サイモンが1987年に発表した『グレイスランド(Graceland)』(グラミー最優秀アルバム賞)は、ここからインスピレーションを得たものだ。

尚、グレイスランドが位置する通りは、存命中から公式にエルヴィス・プレスリー大通りと命名されている。

エルヴィス・プレスリー トップに戻る

エルヴィス・プレスリーの家族(エルヴィス、プリシラ、リサ・マリー)
(プリシラ、リサ・マリー、エルヴィス・プレスリー)

プリシラ・アン・ボーリュー

エルヴィスは駐屯先のドイツで所属部隊長の継子、プリシラ・アン・ボーリューと出会う。
エルヴィス24才、プリシラ16才だった。

1958年8月12日母グラディス急遽。兵役中の出来事だった。

除隊による帰国後、エルヴィスはプリシラの母親と継父を説得、当時まだ未成年であったプリシラをメンフィスに招く。
エルヴィスの心の人になっていたプリシラは、再婚した父バーノン夫妻らとともにグレイスランドで同居する。

グレイスランドのあるテネシー州メンフィスでは18歳になれば親の同意なしに結婚することは可能だったが、ふたりは8年後まで待った、
そして 1967年5月1日、ラスベガスのアラジン・ホテルで結婚式を挙げる。

1968年2月1日には娘リサ・マリー・プレスリー(Lisa Marie Presley)が生まれる。

それから4年後、雑誌報道で浮気がゴシップになる。
プリシラは孤独感からは4歳のリサを連れて離婚する。

初めての出会いから14年に及ぶプリシラとの関係は、離婚後も終わることなく、時に苛み、時に支えになって続いた。
2006年6月30日、小泉純一郎元首相がブッシュ大統領とともにグレイスランドを訪問したときに迎えたのは、プリシラとリサだった。

エルヴィス24才、プリシラ16才の運命的な出会いから、かわいすぎたカップルは、エルヴィス、享年42才と7ヶ月。プリシラ・アン・ボーリューは人生のパートナーであった。

尚、エルヴィスとプリシラの孫娘、つまりリサ・マリー・プレスリーの娘、ライリー・キーオ(Rley Keough)は2006年ディオールの顔としてモデルとしてのキャリアをスタートさせた。エルヴィス、1956年のメジャーデビューから50年後の挑戦だ。

エルヴィスの孫娘ライリー・キーオ 全米を騒然とさせたエルヴィス・プレスリーのパフォーマンス<ハウンドドッグ>

 

エルヴィス・プレスリー

出生地  ミシシィッピ州イースト・テュぺロ
誕生日  1935.1.8.4:35.A.M(山羊座)
     1977.8.16.14:30.PM(42歳7ヶ月)
兄 弟  双生児として誕生、兄Jesee Garon Presleyは死産
血液型   O型ポジティブ
身 長  183cm
目の色  ブルー
髪の色  ブラウン系ブロンド(黒に染色)
宗 教  キリスト教(9歳で洗礼を受ける)
軍 歴  1958.3.24入隊、1960.3.4除隊(軍曹)
駐屯地  西ドイツ、フリードバーグ
定住地  テネシー州・メンフィス. グレイスランド(1957年に購入)
       3764,Elvis Presley Boulevard,Memphis,Tennesee
趣 味  空手(黒帯8段)、バッジのコレクション、フットボール、クルマ、バイク
好きな色 黒、ブルー、ピンク
社会保険番号 409.52.2002
偽 名  John Burrows
好 物  ピーナッツバター&バナナ・サンドイッチ
    (いまではレストラン:エルヴィスプレスリー・メンフィスのお勧め料理になっている)

録音曲数 673曲

エルヴィス・プレスリー トップに戻る

エルヴィス・プレスリーのお墓

わたしたちは、他人のことをどのようにでも評価できる。
しかしエルヴィス・プレスリーの人生から信じられないようなことを学ぶことができる。
ジクゾーパズルのようにひとつのピースでも違っていたら、エルヴィス・プレスリーの登場も活躍もなかったことが発見できる。
「もしも・・・だったら」はなにひとつ通用しない。

さらにエルヴィス・プレスリー

エルヴィス.プレスリー 全楽曲
エルヴィス・プレスリー 全仕事
エルヴィス・プレスリー 全映画

エルヴィス・ニュース エルヴィスを聴きながらワイワイ飲んで食べる会
いっしょに「エルヴィス」をつぶやきませんか?

エルヴィスなコンテンツからピックアップ!M心の汗、変わらない気持ち/ノー・モア
80%の百合に幸運を/さらばふるさと  I REALLY DON'T WANT TO KNOW
エルヴィス最後の律儀に、神の祝福を/ベイビー・レッツ・プレイハウス
ラブ・ミー・テンダー/あなたは決して一人で歩くことはない
イエスが切ない、ロックンロール文化な「知りたくないの」
Oh, how much I need you いかすぜ!エルヴィス!アイ・ガッタ・ノウ
エルヴィス・プレスリー没後30周年記念イベント

マートワンのビジネス・アサーション

エルヴィス・プレスリー トップに戻る

このぺージのTOPへ戻る


エルヴィス・プレスリーの最初のレコード「ザッツ・オールライト/ブルームーン・オブ・ケンタッキー」
エルヴィス・プレスリーの「今夜は快調」、エルヴィス・プレスリーの「お日様なんか出なくても構わない」
エルヴィス・プレスリーの「ミルクカウ・ブルース・ブギー」
エルヴィス・プレスリーの「ベイビー・レッツ・プレイハウス」
エルヴィス・プレスリーの「ミステリー・トレイン」エルヴィス・プレスリーの「忘れじの人」
エルヴィス・プレスリーの最初のアルバム「エルヴィス・プレスリー登場」(RCAレコード)
エルヴィス・プレスリーの「ハートブレイク・ホテル/ただひとりの男」
エルヴィス・プレスリーの「アイ・ウォント・ユー、アイ・ニード・ユー、アイ・ラブ・ユー」
エルヴィス・プレスリーの「ハウンドドッグ」
エルヴィス・プレスリーの「冷たくしないで」
エルヴィス・プレスリーの「ラブ・ミー・テンダー」
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィス」(アルバム)
エルヴィス・プレスリーの「トゥー・マッチ」
エルヴィス・プレスリーの「恋にしびれて」
エルヴィス・プレスリーの「ラヴィング・ユー」
エルヴィス・プレスリーの「テディ・ベア」
エルヴィス・プレスリーの「テディ・ベア」
エルヴィス・プレスリーの「さまよう青春」
エルヴィス・プレスリーの「監獄ロック」
エルヴィス・プレスリーの「やさしくしてね」
エルヴィス・プレスリーの「監獄ロック」
エルヴィス・プレスリーの「監獄ロック」(日本盤EP)
エルヴィス・プレスリーの「監獄ロック」(EP盤)
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィスのクリスマス・アルバム」
エルヴィス・プレスリーの「ドントまずいぜ」
エルヴィス・プレスリーの「思い出の指輪」
エルヴィス・プレスリーの「プレスリーのゴールデンレコード第一集」
エルヴィス・プレスリーの「冷たい女」
エルヴィス・プレスリーの「闇に響く声(サウンドトラック盤)SP盤」
エルヴィス・プレスリーの「闇に響く声(サウンドトラック盤)」
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィス・クリスマスアルバム」
エルヴィス・プレスリーの「ブルー・クリスマス」
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィス・プレスリーのインタビュー」
エルヴィス・プレスリーの「ザッツ・オールライト FOR LP FUNS ONLY」
エルヴィス・プレスリーの「ア・フール・サッチ・アズ・アイ(US盤)」
エルヴィス・プレスリーの「恋の大穴/望みがかなった」
エルヴィス・プレスリーの「思い出の指輪」
エルヴィス・プレスリーの「ア_デイト・ウィス・エルヴィス」
エルヴィス・プレスリーの「プレスリーのゴールデンレコード第二集」
エルヴィス・プレスリーの「本命はお前だ」
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィス・イズ・バック」
エルヴィス・プレスリーの「メス・オブ・ブルース」
エルヴィス・プレスリーの「イッツ・ナウ・オア・ネバー」
エルヴィス・プレスリーの「G・Iブルース」
エルヴィス・プレスリーの「さらばふるさと」
エルヴィス・プレスリーの「今夜はひとりかい」
エルヴィス・プレスリーの「プレスリーの心のふるさと」
エルヴィス・プレスリーの「サレンダー」
エルヴィス・プレスリーの「燃える平原児」(EP盤)
エルヴィス・プレスリーの「フィール・ソー・バッド」
エルヴィス・プレスリーの「歌の贈りもの」
エルヴィス・プレスリーの「マリーは恋人/リトル・シスター」
エルヴィス・プレスリーの「ブルーハワイ(サウンドトラック盤)」
エルヴィス・プレスリーの「好きにならずにいられない」
エルヴィス・プレスリーの「ラ・パロマ/ブルー・ハワイ」
エルヴィス・プレスリーの「グッドラック・チャーム」
エルヴィス・プレスリーの「夢の渚」ぼくの天使よ(エンジェル)
エルヴィス・プレスリーの「ポットラック」
エルヴィス・プレスリーの「あの娘が君なら」
エルヴィス・プレスリーの「恋のKPパンチ」
エルヴィス・プレスリーの「心のとどかぬラブレター」
エルヴィス・プレスリーの「ガール!ガール!ガール!(サウンドトラック盤)」
エルヴィス・プレスリーの「あなたにそっくり」「破れたハートを売り物に」
エルヴィス・プレスリーの「ワールドフェアの出来事(ヤング・ヤング・パレード)」
エルヴィス・プレスリーの「悲しき悪魔」
エルヴィス・プレスリーの「プレスリーのゴールデンレコード第三集」
エルヴィス・プレスリーの「ボサノヴァ・ベビー」
エルヴィス・プレスリーの「恋の魔術」
エルヴィス・プレスリーの「アカプルコの海(サウンドトラック盤)」
エルヴィス・プレスリーの「アカプルコの海」
エルヴィス・プレスリーの「すてきなメキシコ/アカプルコの恋唄」
エルヴィス・プレスリーの「いとこにキッス」
エルヴィス・プレスリーの「胸に来ちゃった」
エルヴィス・プレスリーの「キッスン・カズン(サウンドトラック盤)」
エルヴィス・プレスリーの「サスピション」
エルヴィス・プレスリーの「ラスベガス万才」
エルヴィス・プレスリーの「好きだよベイビー」(「ラスベガス万才」サウンドトラック盤)
エルヴィス・プレスリーの「サッチ・ア・ナイト」
エルヴィス・プレスリーの「ザッツ・オールライト」
エルヴィス・プレスリーの「今夜は快調」
エルヴィス・プレスリーの「忘れじの人」
エルヴィス・プレスリーの「ブルームーン」
エルヴィス・プレスリーの「ベビー・レッツ・プレイ・ハウス」
エルヴィス・プレスリーの「座って泣きたい」
エルヴィス・プレスリーの「ミルクカウ・ブルースブギー」
エルヴィス・プレスリーの「マネー・ハニー」
エルヴィス・プレスリーの「お前が欲しくて」
エルヴィス・プレスリーの「アイ・ウォント・ユー、アイ・ニード・ユー、アイ・ラブ・ユー」
エルヴィス・プレスリーの「アイ・ガット・ア・ウーマン」
エルヴィス・プレスリーの「ブルー・スエード・シューズ」
エルヴィス・プレスリーの「恋にしびれて」
エルヴィス・プレスリーの「トゥ・マッチ」
エルヴィス・プレスリーの「ハートブレイク・ホテル」
エルヴィス・プレスリーの「のっぽのサリー」
エルヴィス・プレスリーの「ブルー・スエード・シューズ」
エルヴィス・プレスリーの「ハートブレイク・ホテル」
エルヴィス・プレスリーの「陽気に行こうぜ」
エルヴィス・プレスリーの「ミーン・ウーマン・ブルース」
エルヴィス・プレスリーの「恋にしびれて」
エルヴィス・プレスリーの「シエイク・ラトル・アンド・ロール」
エルヴィス・プレスリーの「トラブル」
エルヴィス・プレスリーの「オールド・シェップ」
エルヴィス・プレスリーの「監獄ロック」
エルヴィス・プレスリーの「ラブ・ミー・テンダー」
エルヴィス・プレスリーの「」
エルヴィス・プレスリーの「ハウンド・ドッグ」
エルヴィス・プレスリーの「どっちみち俺のもの」
エルヴィス・プレスリーの「冷たい女」
エルヴィス・プレスリーの「闇に響く声」
エルヴィス・プレスリーの「アイ・ニード・ユー・ソー」
エルヴィス・プレスリーの「谷間の静けさ」
エルヴィス・プレスリーの「イッツ・ナウ・オア・ネバー」
エルヴィス・プレスリーの「夢の渚」
エルヴィス・プレスリーの「恋のK・Oパンチ」
エルヴィス・プレスリーの「ラヴィング・ユー・ベイビー」
エルヴィス・プレスリーの「青春カーニバル(サウンドトラック盤)」
エルヴィス・プレスリーの「ブルー・クリスマス/さらばふるさと」
エルヴィス・プレスリーの「スイムでいこう!」
エルヴィス・プレスリーの「フロリダ万才(サウンドトラック盤)」
エルヴィス・プレスリーの「フロリダ万才(サウンドトラック盤)」
エルヴィス・プレスリーの「10周年記念アルバム プレスリーのゴールデンストーリーVOL1」
エルヴィス・プレスリーの「10周年記念アルバム プレスリーのゴールデンストーリーVOL2」
エルヴィス・プレスリーの「クライング・イン・ザ・チャペル」
エルヴィス・プレスリーの「いかすぜ!この恋」
エルヴィス・プレスリーの「いかすぜ、この恋」
エルヴィス・プレスリーの「メンフィス・テネシー」
エルヴィス・プレスリーの「はてなきハイウェイ」
エルヴィス・プレスリーの「恋のあやつり人形」
エルヴィス・プレスリーの「ハレム万才(サウンドトラック盤)」
エルヴィス・プレスリーの「テル・ミー・ホワイ」
エルヴィス・プレスリーの「フランキー・アンド・ジョニー/いつまでも愛して」
エルヴィス・プレスリーの「フランキー・アンド・ジョニー(サウンドトラック盤)」
エルヴィス・プレスリーの「ラブ・レター」
エルヴィス・プレスリーの「ハワイアン・パラダイス(サウンドトラック盤)」
エルヴィス・プレスリーの「カリフォルニア万才(スピンアウト)/君は僕のもの」
エルヴィス・プレスリーの「カリフォルニア万才(サウンドトラック盤)」
エルヴィス・プレスリーの「青い涙」
エルヴィス・プレスリーの「ゴールデン・ヒム」
エルヴィス・プレスリーの「ゴー・ゴー・ゴー(サウンドトラック盤)」
エルヴィス・プレスリーの「ミニ・スカートのお嬢さん」
エルヴィス・プレスリーの「ダブル・トラブル(サウンドトラック盤)」
エルヴィス・プレスリーの「この愛をいつまでも」
エルヴィス・プレスリーの「愛しているのに」
エルヴィス・プレスリーの「ブルー・マイアミ(サウンドトラック盤)」
エルヴィス・プレスリーの「プレスリーのゴールデンレコード第四集」
エルヴィス・プレスリーの「ステェイ・アウェイ」
エルヴィス・プレスリーの「その気でいこう」
エルヴィス・プレスリーの「おしゃべりはやめて」
エルヴィス・プレスリーの「スピードウェイ(サウンドトラック盤)」
エルヴィス・プレスリーの「エッジ・オブ・リアリティ/明日への願い」
エルヴィス・プレスリーの「明日への願い」
エルヴィス・プレスリーの「ELVIS (NBC-TV SPECIAL)」
エルヴィス・プレスリーの「メモリーズ」
エルヴィス・プレスリーの「イン・ザ・ゲットー」
エルヴィス・プレスリーの「フロム・エルヴィス・イン・メンフィス」
エルヴィス・プレスリーの「サスピシャス・マインド」
エルヴィス・プレスリーの「ドント・クライ・ダディ」
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィス・イン・パーソン(フロム・メンフィス・トウ・べガス)」
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィス・バック・イン・メンフィス」
エルヴィス・プレスリーの「雨のケンタッキー」
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィス・オン・ステージ1970」
エルヴィス・プレスリーの「ワンダー・オブ・ユー」
エルヴィス・プレスリーの「この胸のときめきを」
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィス・オン・ステージ」
エルヴィス・プレスリーの「知りたくないの」
エルヴィス・プレスリーの「ポークサラダ・アニー」
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィス・カントリー」
エルヴィス・プレスリーの「風に消えた恋」
エルヴィス・プレスリーの「ライフ」
エルヴィス・プレスリーの「ラブレター・フロム・エルヴィス」
エルヴィス・プレスリーの「ローマの心」
エルヴィス・プレスリーの「イッツ・オンリー・ラブ」
エルヴィス・プレスリーの「初めてのクリスマス」
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィス・ナウ」
エルヴィス・プレスリーの「別れの時まで」
エルヴィス・プレスリーの「至上の愛」
エルヴィス・プレスリーの「アメリカの祈り」
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィス・イン・ニューヨーク」
エルヴィス・プレスリーの「バーニング・ラブ」
エルヴィス・プレスリーの「バーニング・ラブ」
エルヴィス・プレスリーの「別離の歌」
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィス・アロハ・フロム.ハワイ」
エルヴィス・プレスリーの「フール」
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィス(フール)」
エルヴィス・プレスリーの「ロックンロール魂」(シングル盤)
エルヴィス・プレスリーの「ロックンロール魂」
エルヴィス・プレスリーの「君に夢中さ/涙で祈る幸せ」
エルヴィス・プレスリーの「グッドタイムス」
エルヴィス・プレスリーの「俺を忘れろ」
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィス・ライブ・イン・メンフィス」
エルヴィス・プレスリーの「約束の地」
エルヴィス・プレスリーの「マイボーイ」
エルヴィス・プレスリーの「約束の地」(アルバム)
エルヴィス・プレスリーの「恋のトラブル」
エルヴィス・プレスリーの「   」
エルヴィス・プレスリーの「   」
サンセッションズ」
エルヴィス・プレスリーの「   」
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィスより愛をこめて」
エルヴィス・プレスリーの「ムーディ・ブルー」
エルヴィス・プレスリーの「ムーディ・ブルー」(アルバム)
エルヴィス・プレスリーの「ウェイダウン」(エルヴィス・プレスリー生前最後のシングル盤)
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィス・イン・コンサート」
エルヴィス・プレスリーの「ロスト・アルバム」
エルヴィス・プレスリーの「エルヴィス・プレスリーのゴールデンレコード第五集」
エルヴィス・プレスリーの「ELVIS 30#1 HITS」
ホームじぶんぢから再生プロジェクトメールマガジンサイトマップ
自動排泄処理装置 フローレット
ストアセミナーカスタマサービス お問い合わせFAQ |
セキュリティ・ポリシー 買い物カゴ世界で一番大切な君に話すこと。
 
twitter

 

 

Copyright (C) 1999-2009 MART ONE Inc.All rights reserved